市税

滞在税

- 発効日:2018年10月1日
- 料金:1名あたり1.50ユーロ
- 課税される滞在の最大数:N°4​​泊
- 免除:14歳までの未成年者と70歳以上の高齢者。

その他の免除:
  • 1)患者は、医療施設での病院での診察、治療または治療を受けなければならず、また、各患者のための同伴者に基づいて、病院内の入院患者を支援する患者も必要とする。 18歳未満の患者の場合、両親は両親の税金を免除される。患者または同伴者は、大統領令第46条および第47条に従って、自治体が提供する形で宣言しなければならない。患者の健康サービスを受けるため、または入院患者と保健サービスの参照期間または入院を支援することができるように、受容構造に滞在することが最終決定されていること。
  • 2)公的機関による措置、災害や異常事態による人道的救援のための社会的緊急事態に対処するための措置
  • 3)災害時に役立つボランティア。
  • 4)コーチ・ドライバーおよび旅行リーダー。旅行および観光機関によって組織されたグループに支援を提供する。免除はすべてのバスドライバーと25人の参加者のためのツアーガイドに適用されます。
  • 公序良俗に反する活動を行う国家警察、地方警察、消防旅団、軍に所属する者。
  • 6)適切な証明書を提示している自立していない人、およびその同伴者を無効にする。
  • 7)施設で働く従業員。